ドライオーガズム

話題性のある面から見ると、いかに性風俗の業界が活気があり、にぎわっているかわかります。
性に関しては老若男女すべてが興味を持つ話題であり、それは人生に潤いを与えてくれるのです。
特に今は性感帯の開発にも熱心な人が多いですから、男女問わず新しい世界を知りたいと思っても不思議ではありません。
男でも女でもイク感じは同じだと思っていませんか?
セックスによって得られる快感は男と女ではまったく違っています。
女の場合は全身で快感を感じ取り、イク時はかなり長く全身を震わせ、「イク」様子が現れるのです。
男の場合はセックスの終了を告げる意味で射精によって一瞬の快感を得ます。
ここには喪失感や脱力感があり、それ以上セックスを続けるのが困難になるわけです。
男性が感じる新たな絶頂感としてのドライオーガズムは、射精による快感の欠点をすべて補う優れものとして知られています。
前立腺は男性だけが持っている器官でして、そこを刺激することにより、男性はかなり大きな快感を得ることができます。
それがドライオーガズムであり、この場合は射精がありません。
しかし、絶頂による快感は射精の何倍にもなり、イッた時男性は「ほおおおっ」などと大声を出し、びくびくと体を震わせて全身で快感を示します。
しかも、射精の時と違い、精液が出ていないので、脱力感や喪失感がありません。
これは同時に体力の消耗も限りなくゼロに近いことを示し、何度もイクことが可能な点で、すでに射精より優れているのです。

dryorgasms3
セックスに関してだけならば、前立腺を刺激して得られる快感のほうが好ましいのは言うまでもありません。
しかし、ドライオーガズムは誰もが簡単に達することができる物ではなく、慣れた人でもコツをきちんとつかんでおく必要があります。
前立腺刺激のコツはアナルに棒状の物を入れ、スポットを刺激しやすくすることです。
これはオナニーでもセックスでも変わりなく、セックスの場合はパートナーがいかに腕がいいかによって、イケるか否かが決まります。
私の場合はけっこう修行が必要でしたが、今では妻の協力もあって、自由自在にイクことが可能です。

アブノーマルな感じがするセックスも、一つ視点を変えてみればたちまちスパイスに変わり、マンネリ気味のセックスライフに潤いを与えてくれます。
何度イッても体力がほぼ減らないドライオーガズムは、男性にとっては大変好ましい点が話題になっています。
その点はこちらを参照にしておきましょう⇒ドライオーガズムの方法
性感エステなど専門の風俗店関連のサイトではその重要性について語っており、これからの性風俗を制するのは射精を伴わない絶頂感だとまで明言しているのです。
男性はこれから、射精による快感と、射精せずに得る絶頂感の選択ができるようになり、さらに性生活を豊かにすることができます。
こうした選択肢が用意されていること自体素晴らしいと思いますし、今後の男性の未来が明るくなることを予見させてくれるので、私自身楽しみでならないのです。


ドライオーガズムにお手ごろな感じを見たら

ちょっと試して自分に合っていると思ったら突き詰めることができるのが今の世の中です。
性に関しては特にそれが強いのは言うまでもなく、誰もが自分の思う快感を得るのに熱心な様子が伝わってきます。
現在若い人たちを中心にして広がりを見せているドライオーガズムは、男性のみが感じることのできる絶頂感であり、かなりレベルの高い状態です。
普通男性は射精し、その瞬間だけ快感を感じ取ります。
この絶頂状態は一瞬で終わり、その後は虚脱感や放出感のみが残り、体力の消耗も激しいです。
これに対して射精を伴わないでイク場合は、その快感が長く持続し、全身を痙攣させるような快感に身を震わせることになります。
人によっては大声を発し、放心状態になってしまうそうです。
現代社会の多様性の中では、多少アブノーマルなことも許容されます。
それは確かに私たちにとってチャンスの到来と見るべきことでしょうし、実際に良い条件でイクこともできる点は素晴らしいことです。
ただ、ドライオーガズムの場合は男性がお尻の穴に指あるいは棒状の器具を突っ込むことが前提になるので、その見栄えはあまりよろしくないと聞きました。
しかし、その快感は折り紙つきですので、多少恥ずかしかろうと、試す価値はあるでしょう。

dryorgasms2
現に私の知り合いもアナルの快楽に目覚めたのは射精を伴わないで絶頂に達してからだと言っていました。
自分がどれだけ快感に目覚めることができるか、それによってかなり赴きが変わるのは言うまでもないことです。
今後どういう形で快感を追求していくかは男性の課題と言えるでしょう。
ウェットオーガズムは生殖行為として純粋に区別し、男性が快感のみを追求するのがドライオーガズムと見てはどうでしょうか。
女性は「入れる」器官がないので、「入れる」快感は得られません。
しかし、「入れられる」快感は大きく、それがアダルトビデオなどで見る「イク」状態になるわけです。
男性の場合は両方の器官があると判断し、「入れる」と「入れられる」快感が同時に味わえます。
もっとも、射精には体力の消耗が伴いますからそれほどお手ごろなわけではありません。
むしろお手ごろ感があるのは「入れられる」ほうの快感でしょう。
男が受ける快感の中でもとりわけ大きいとされるドライオーガズムですが、これは自分で性感帯を開発することにより、ある程度コントロールできます。
最初は前立腺の刺激だけがスイッチでしたが、私も何度もイクうちにわきの下や玉袋の裏など、一見して性感帯ではないような部分で射精なしの絶頂を覚えるようになったのです。
これは、確実に私が射精を伴わない絶頂を受け入れており、体がそれに慣れたことを意味します。
人間の体は突き詰めればかなり変化していくことが知られており、それだけ多様性を受け入れやすいとわかりました。
それは、今後のセックスライフを豊かにしたり、オナニーにせよ何にせよ、充実した時間を過ごせる準備ができることを意味しているのです。


ドライオーガズムの深さを思い知る時

精液が出る瞬間、私は男性に生まれてよかったと思いました。
この快感は男にしか味わえない物で、唯一無二の物だと実感していたからです。
中学生の時オナニーを覚えて以来、セックスにおいてもかなり経験を積み、ここから先はないものと思っていました。
しかし、上には上がある物で、つい最近ドライオーガズムなる物を知ったのです。
その深さを思い知ったのは、私が実際にこれを体感した時でした。
性感エステに行き、アナルに器具を入れて前立腺を刺激され、不覚にも声が漏れてしまったのです。

その時の快感は射精など比べ物にならず、しばらくは体がしびれて立てませんでした。
射精による快感以上の良さを知ってしまった今となっては、後戻りすることはできません。
後で調べてみると、ドライオーガズムは男性だけが感じる物で、射精を伴わずに絶頂に至るために体力の消耗はほとんどありません。
喪失感もないので、直ちに復帰することができます。

dry1セックスレスの夫婦がこれを導入しただけで、セックス好きになったと話題になりました。
それは、至る所で噂になるくらい素晴らしい物であり、みんながその良さを体感しあうのも納得です。
女性がアダルトビデオなどで「イク」時はこれに酷似した状態になり、全身を震わせて快感を表現します。
男性は前立腺の刺激によって得られる特殊な快感に身を震わせ、真の快感に目覚めるのです。
かつてアナルの快感はタブーとされており、キリスト教社会でも不浄の物として禁止されていました。

また、日本でも男性同士のセックスにはかなり否定的な見方がされており、不毛な行為と位置づけられていたのです。
それらはすべて、ドライオーガズムによる快感が強すぎ、人を惹きつけすぎるからだったと自分でその快感を体験してから知りました。
私を納得させるだけの快感がそこには確実に存在し、我を忘れるほど虜にしてくれたからです。
アナルは一度イクと癖になると先輩が言っていましたが、確かにそれは間違いありませんでした。
前後不覚になるくらいすごい衝撃が全身を貫き、以来私は前立腺刺激の虜になったわけですが、今はそれをもっと効率的に得ようと修行を重ねています。
消耗することなく絶頂を迎えられるのは、射精を伴わないドライオーガズムの最大のメリットです。

何度も繰り返しイッても体力の衰えがないので、セックスにおいても長時間粘ることができます。
妻とのセックスで倦怠期を感じていた私ですが、これを導入した所、互いの性感帯についてもっと研究しあうようになりました。
理解が早い妻も私がよりセックスを楽しもうとしている意図をくみとり、良い感じでセックスライフをエンジョイしています。
前立腺刺激による新たな道を見つけられたのは、私にとっては幸運でした。
それは、今後の性生活がかなり充実していくことを意味し、私にとって妻との夜の生活を再構築することにつながったからです。
これからはもっと研究し、より快感を得る道を探していきます。


ドライオーガズムに特別感を認めたら

何がきっかけで開花するかは人間誰しもわからない物です。
特に性に関しては人それぞれの春があり、それがどういう形で作用するかについても理解しづらい物があります。
私は小学生でペニスを擦るオナニーを知り、中学生で毎日のように自慰にふけりました。
現在は大人になって、風俗に通うこともあります。
しかし、一貫して存在するのは性、あるいは快楽への追求姿勢です。
少年の頃からこれはずっと追い求めてきた物ですが、射精するようになってから、それで終わりだと思っていました。
しかし、最近になって性感エステに行き、ドライオーガズムを知ってからは私の中でかなりの変化があったのです。
射精を伴わずに絶頂を迎えるなど、昔なら不可能だと思ったでしょう。
しかし、前立腺を刺激され、「ほおおっ」などと声を上げ、風俗嬢のテクニックの前に崩れ落ちた今となっては、そのすごさを認めざるを得ません。
ドライオーガズムは射精を伴わない絶頂のことで、快感が少しの間持続することでも知られています。
体力のない人でもこの絶頂状態なら、何度もイクことができるわけです。
それは、射精による消耗がないので、体力がほとんど衰えないためで、ある意味で理想的な快感の得方であると推測できます。
セックスもオナニーも誰もが自由にやっていい時代になり、こうした特殊な形の快感もアリになりました。
特別感をそこに感じるのはなんら珍しいことではないでしょう。
不思議なくらい快感が得られ、しかも体力の消耗がないのは男性にとって理想的な形です。
絶頂の度合いが射精に比べてかなり大きいにも関わらず、脱力感や体力の著しい消耗がなく、それだけお得な部分が増えているのも見所でしょう。
現代社会は何かと効率性が重視されます。
性に関してもそうした気持ちが優先される以上、ドライオーガズムがどういう形で得られるかを研究するのは大変有意義です。
初めて行った性感エステで、風俗嬢にお尻の穴に指を入れられ、前立腺を刺激されてイカされた時、私の中で何かが変わりました。
それは、新しい快感への目覚めです。
どこでこうした出会いがあるかは誰にもわかりません。
オナニーも前立腺への刺激が大部分になり、セックスライフも大きく変化しました。
意識してドライオーガズムを得ることは、男性にとって最初こそ難しいでしょうが、慣れてくるとそれほど苦にはなりません。
むしろ、アナルに指や棒状の器具を突っ込むのが楽しくなり、自分でもそれをてきぱきと行えるようになって、確実に順応している様子がわかります。
アナルの快楽に目覚めた人が雰囲気ががらりと変わるのは間違いなく、男性の場合は特に赴きが180度変わってしまうようです。
それは、ペニスを「入れる」快感から棒状の物を「入れられる」快感への目覚めと言ってもよいでしょう。
もちろんそれだけではありませんが、男性が真の意味での絶頂感を得るには、前立腺刺激がもっとも効果的なのは間違いありません。


ULT究極のドライオーガズムバイブルは危険です、やめましょう。

ULT究極のドライオーガズムバイブルをためしましたが、これはマジで危険です。

痙攣したカエルの下半身のように下半身の動きがとまりませんでした。
ハッキリりって普通のオナニーの100倍というか、普通じゃ考えられません、この気持ちよさは。

危険です

知らないほうがいいと思います。
ULT究極のドライオーガズムバイブルはダメ!絶対!という法律を作った方がいいのかもしれません。

ハッキリ言ってこのULT究極のドライオーガズムバイブルはあなたから、男性を奪います。
男らしいとか、男としてとかそういう根本的な所を犠牲にしてでも、女の様に悶え喘ぐようなオナニーをご希望であればULT究極のドライオーガズムバイブルを利用するのもいいでしょう。

ドリアオーガズム中毒者が増えすぎたら日本から男がいなくなるのではないでしょうか・・・そのくらいULT究極のドライオーガズムバイブルは即効性があり、ヤバイとおもいます。


ドライオーガズムで得られる幸福感

幸せの尺度は人それぞれです。
特にセックスやオナニーなど、性的な物が絡む場合はなおさらで、多くの人がそれぞれの感じやすいやり方で快感を得ています。
噂になったドライオーガズムについて、私もつい最近オナニーによって体感することができました。
体力が落ちてきた私にとって、射精による絶頂は体への負担が大きく、セックスによる消耗が激しいと思っていた矢先にこの衝撃があったので、私にとっては非常にショッキングな出来事だったのです。
人間は快感を味わうようにできている生き物で、それを求める姿勢に間違いはありません。
射精を伴わない絶頂感を始めて感じ、私にとって目の前が大きく開けたような気がしました。
現代社会における快感の追求姿勢は日増しに幸福追求の姿勢と重なり、誰もが性に関わる行為においてより強い快感を求めるようになりました。
ドライオーガズムもその一つであり、男性だけが得ることのできる特権的絶頂感です。
これは、射精による快感とはまったく違い、前立腺の刺激によって快感を得ています。
達すると男性は「ほおおっ」などと意味不明な声をあげ、体をがくんがくんと震わせて絶頂を迎えるのです。
射精と違い、この絶頂感はしばらく続き、体力の消耗や喪失感はありません。
前立腺を刺激するには、ある程度の鍛錬と知識が必要です。
それらはきちんと男性の体の仕組みを知ることからスタートします。
アナルに指を入れ、実際に前立腺の位置を確かめるのもいいでしょう。
入れる快感から入れられる快感に目覚める男性は、ドライオーガズムの何たるかを知り、そこで得られる幸福感を理解しています。
そのため、アナルの快感について体感した物だけがわかる感情を持っているのが普通です。
昔から衆道なる道があり、男性同士のセックスが行われていた時、アナルの快楽の根源が前立腺の刺激にあると、仕組みはわからなくともみんな理解していたのでしょう。
体力を著しく消耗する射精を伴わないので、この快感の得方は瞬く間に広がりました。
それは私たちの性生活も確実に変化させ、これからさらに進化していく可能性も持っています。
大きな快感が全身を襲うこの絶頂状態については、今も研究が続けられているのです。
近所に性感エステのお店が出来たので、日頃オナニーによって前立腺刺激をしてきた私も行ってきました。
ここではドライオーガズムを体感することができるとの触れ込みでしたので、どれくらいのテクニックを女の子たちが持っているか楽しみだったのです。
果たして期待通りに前立腺への刺激が始まりましたが、私はかなり短時間で達してしまいました。
つまり、それだけ彼女たちが上手かったことになります。
今はこうした風俗のお店でも正確な知識と確かな技術の伝授に努めており、女の子みんながお客を満足させるとの誇りによって商売をしているのです。
そのすごさを改めて体感し、私にとって前立腺刺激への道がまた一つ開けたような気がしました。