ドライオーガズムにお手ごろな感じを見たら

ちょっと試して自分に合っていると思ったら突き詰めることができるのが今の世の中です。
性に関しては特にそれが強いのは言うまでもなく、誰もが自分の思う快感を得るのに熱心な様子が伝わってきます。
現在若い人たちを中心にして広がりを見せているドライオーガズムは、男性のみが感じることのできる絶頂感であり、かなりレベルの高い状態です。
普通男性は射精し、その瞬間だけ快感を感じ取ります。
この絶頂状態は一瞬で終わり、その後は虚脱感や放出感のみが残り、体力の消耗も激しいです。
これに対して射精を伴わないでイク場合は、その快感が長く持続し、全身を痙攣させるような快感に身を震わせることになります。
人によっては大声を発し、放心状態になってしまうそうです。
現代社会の多様性の中では、多少アブノーマルなことも許容されます。
それは確かに私たちにとってチャンスの到来と見るべきことでしょうし、実際に良い条件でイクこともできる点は素晴らしいことです。
ただ、ドライオーガズムの場合は男性がお尻の穴に指あるいは棒状の器具を突っ込むことが前提になるので、その見栄えはあまりよろしくないと聞きました。
しかし、その快感は折り紙つきですので、多少恥ずかしかろうと、試す価値はあるでしょう。

dryorgasms2
現に私の知り合いもアナルの快楽に目覚めたのは射精を伴わないで絶頂に達してからだと言っていました。
自分がどれだけ快感に目覚めることができるか、それによってかなり赴きが変わるのは言うまでもないことです。
今後どういう形で快感を追求していくかは男性の課題と言えるでしょう。
ウェットオーガズムは生殖行為として純粋に区別し、男性が快感のみを追求するのがドライオーガズムと見てはどうでしょうか。
女性は「入れる」器官がないので、「入れる」快感は得られません。
しかし、「入れられる」快感は大きく、それがアダルトビデオなどで見る「イク」状態になるわけです。
男性の場合は両方の器官があると判断し、「入れる」と「入れられる」快感が同時に味わえます。
もっとも、射精には体力の消耗が伴いますからそれほどお手ごろなわけではありません。
むしろお手ごろ感があるのは「入れられる」ほうの快感でしょう。
男が受ける快感の中でもとりわけ大きいとされるドライオーガズムですが、これは自分で性感帯を開発することにより、ある程度コントロールできます。
最初は前立腺の刺激だけがスイッチでしたが、私も何度もイクうちにわきの下や玉袋の裏など、一見して性感帯ではないような部分で射精なしの絶頂を覚えるようになったのです。
これは、確実に私が射精を伴わない絶頂を受け入れており、体がそれに慣れたことを意味します。
人間の体は突き詰めればかなり変化していくことが知られており、それだけ多様性を受け入れやすいとわかりました。
それは、今後のセックスライフを豊かにしたり、オナニーにせよ何にせよ、充実した時間を過ごせる準備ができることを意味しているのです。