ドライオーガズム

話題性のある面から見ると、いかに性風俗の業界が活気があり、にぎわっているかわかります。
性に関しては老若男女すべてが興味を持つ話題であり、それは人生に潤いを与えてくれるのです。
特に今は性感帯の開発にも熱心な人が多いですから、男女問わず新しい世界を知りたいと思っても不思議ではありません。
男でも女でもイク感じは同じだと思っていませんか?
セックスによって得られる快感は男と女ではまったく違っています。
女の場合は全身で快感を感じ取り、イク時はかなり長く全身を震わせ、「イク」様子が現れるのです。
男の場合はセックスの終了を告げる意味で射精によって一瞬の快感を得ます。
ここには喪失感や脱力感があり、それ以上セックスを続けるのが困難になるわけです。
男性が感じる新たな絶頂感としてのドライオーガズムは、射精による快感の欠点をすべて補う優れものとして知られています。
前立腺は男性だけが持っている器官でして、そこを刺激することにより、男性はかなり大きな快感を得ることができます。
それがドライオーガズムであり、この場合は射精がありません。
しかし、絶頂による快感は射精の何倍にもなり、イッた時男性は「ほおおおっ」などと大声を出し、びくびくと体を震わせて全身で快感を示します。
しかも、射精の時と違い、精液が出ていないので、脱力感や喪失感がありません。
これは同時に体力の消耗も限りなくゼロに近いことを示し、何度もイクことが可能な点で、すでに射精より優れているのです。

dryorgasms3
セックスに関してだけならば、前立腺を刺激して得られる快感のほうが好ましいのは言うまでもありません。
しかし、ドライオーガズムは誰もが簡単に達することができる物ではなく、慣れた人でもコツをきちんとつかんでおく必要があります。
前立腺刺激のコツはアナルに棒状の物を入れ、スポットを刺激しやすくすることです。
これはオナニーでもセックスでも変わりなく、セックスの場合はパートナーがいかに腕がいいかによって、イケるか否かが決まります。
私の場合はけっこう修行が必要でしたが、今では妻の協力もあって、自由自在にイクことが可能です。

アブノーマルな感じがするセックスも、一つ視点を変えてみればたちまちスパイスに変わり、マンネリ気味のセックスライフに潤いを与えてくれます。
何度イッても体力がほぼ減らないドライオーガズムは、男性にとっては大変好ましい点が話題になっています。
その点はこちらを参照にしておきましょう⇒ドライオーガズムの方法
性感エステなど専門の風俗店関連のサイトではその重要性について語っており、これからの性風俗を制するのは射精を伴わない絶頂感だとまで明言しているのです。
男性はこれから、射精による快感と、射精せずに得る絶頂感の選択ができるようになり、さらに性生活を豊かにすることができます。
こうした選択肢が用意されていること自体素晴らしいと思いますし、今後の男性の未来が明るくなることを予見させてくれるので、私自身楽しみでならないのです。